黒ずみ予防で知っておいてほしいこと

お尻の黒ずみができてしまうと解消するのはかなり大変となリます。

長い期間お尻の黒ずみと戦わなければいけない状態となってしまうので、できてから対処するのではなくできないための予防が大事です。

予防するためにいろいろな方法があるのですが、一番大事にして欲しいのが保湿です。

お尻やお腹など普段露出していない部分はあまり乾燥しないのではないかと考えてしまい、十分なケアをしていない人が多くいらっしゃいます。

確かに露出していない部分は外気に触れていませんので乾燥しないのではないかと感じてしまいますがそれは違います。

外気に触れていなくても、乾燥しやすい時期になればお尻もかなり乾燥してしまいます。

乾燥してしまうと、刺激に対して弱くなってしまうため、自ら守ろうとしてターンオーバーを早めてしまいます。

ターンオーバーが早まってしまうと、角質層が暑くなってしまいそれが過角化してしまいます。

過角化するとくすんできてしまうため黒ずみができてしまいます。

刺激を少なくすることも大事だけれども、乾燥させないこともかなり大事です。

お顔のように十分なケアをしてあげると黒ずみの予防ができますので、まずは保湿を十分にして乾燥しないようにしましょう。

お尻の黒ずみ予防でニキビ予防もしよう

お尻の黒ずみで摩擦そして刺激が代表的な原因となります。

予防する場合刺激を与えないそして摩擦を与えないようにすることが有名になりますが、それだけで十分な予防というわけではありません。

お尻にできてしまうニキビも十分に予防していかないといけません。

顔にできてしまったニキビを十分な対処方法をしている人がかなり多いのですが、お尻のニキビはそのままにしている場合が多いです。

お尻の場合、できてしまったら体重によって潰れてしまう可能性が圧倒的に高いです。

潰すと炎症がひどい状態になる場合が多く、炎症が悪化することで色素沈着を起こしやすくなります。

お尻ニキビができてしまった時に十分な対処も大事ですが、ニキビができないようにする予防のほうがかなり大事になります。

お尻ニキビは不衛生やストレスそしてホルモンバランスの影響によって出来てしまいます。

すべてを良い状態にすることは難しいかもしれませんが、一つでも良い状態にしてニキビがなるべくできないようにしていくことがおすすめです。

また、かぶれでも色素沈着をしてしまいますので、お尻黒ずみクリームを利用してかぶれ予防もしていくことも大事ですので覚えておきましょう。

Comments are closed.